MENU
さぁ、始めよう。

スポーツベットは海外で合法的に行われているギャンブルの1つです

言葉の通りスポーツにベットする(ベッティング)ものです。ベッティングというのは賭けるという意味なので、ざっくり言うとスポーツに賭けるゲームことを指します。

スポーツベットでは、会員登録してアカウントに最低金額(約1000円程度)以上を保有しておくと、サッカー、テニス、バスケットボール、野球、アメフト、クリケット、卓球、ラグビー、バレーボール、競馬など数多くのスポーツのライブストリーミング(生中継)を月額無料で視聴できるという機能がもともと実装されています。

スポーツ観戦をする時に誰でも試合の勝敗予想をしたことがあるかと思いますが、その延長線上にあるものだと捉えていただけたらいいかと思います。

スポーツベットはMastercardなどのクレジットカードを使った入金に対応しています。しかし、すべての情報を正しく入力したとしても、画像のように「Invalid Card Number」と赤字で表記されたまま決済できないところもあります

またメタルカジノも夜逃げするように閉鎖したわけではなく、資金の出金に使う期間を十分に設定した上で閉鎖していたので、仮にスポーツベットが閉鎖することになっても、同じような対応になるはずなので安心です。

日本でも人気が出始めている、好きなスポーツに賭けられるギャンブル、スポーツベット。

確かに系列のオンラインカジノが閉鎖したとなると、スポーツベットも危ないような気がしますよね。しかしメタルカジノは日本市場を閉鎖したというだけで、オンラインカジノサイト自体は海外のプレイヤー向けに残っています。

無料クイズでフリーベットor1000万円 今や日本人プレイヤーにも大人気、仮想通貨と法定通貨の好きな方でスポーツベッティングを楽しめるスポーツベット。

しかしスポーツベットでは、残念ながらキャッシュアウトの機能が搭載されていません。そのため、スポーツでの賭けを行った場合には、結果が確定するのを待つのみとなります。

ごくごく簡単に説明するとスポーツベットが管理するチャットルームです。

スポーツベットの最大の特徴は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨各種と、日本円やユーロなどの法定通貨から、好きな通貨を選んで賭けて稼げるマルチ通貨対応という点です。

また、スポーツベットではスティックペイ(Sticpay)というネット口座でも日本円を入出金できましたが、2020年8月以降は非対応となりました。ただし、スティックペイ口座そのものは変わらずサービスを続けていますし、スティックペイにはビットコインやイーサリアムなどを保管できるウォレット機能があるため、仮想通貨の入出金には問題なく使用できます。

そのため、スポーツベット内の入出金ページからもムーンペイが選択肢から消えました。

スポーツベットとしての書き込みは、今のところは全て英語です。

ここからは入出金について詳しく解説します。既述のとおり、スポーツベットは複数の通貨を分けて保有できるマルチ通貨ブックメーカーであり、通貨ごとに入金・出金方法が異なります。

そもそもフリーベットとは、リスクフリーで使える資金のこと。スポーツベットでは様々なイベントが随時開催され、条件を満たすとプレゼントされます。ただし、フリーベットには使用期限と最低倍率があるため、受け取ったら早めにお使いください。